森鴎外と舞姫事件研究


《森鴎外研究関連サイト》リンク集

鴎外作品 研究手段 書評 研究論文 旧跡等

1. インターネット上の森鴎外作品

 インターネット上で読み、聴き、観ることが出来る森鴎外「舞姫」へのリンク。鴎外の他の作品へは、「一覧」から、あるいは検索を使ってご覧ください。読みやすいのは《青空文庫》ですが、刊行当初のかたちを知りたい場合には、国会図書館の《近代デジタルライブラリー》が役立ちます。なお、青空文庫用ブラウザー《Azur(アジュール)》が無料で使えるようになりました。Voyagerのダウンロードサイトから入手できます。横書きのファイルでも《Azur》を使うと、行間を広くした縦書きで読むことが出来ます。モニターいっぱいに細かな文字が詰め込まれているサイトでは、とくにお勧め。《Azur》左上の「ファイル」→「場所を開く」で読みたいサイトのURLをコピペし「OK」を押すだけです。




本サイト関連書 書評へ▼

2. 森鴎外 研究ツール




森鴎外研究論文一覧へ▼

3. 本サイト関連書 書評

 本サイトのテーマである〈舞姫事件〉研究書、すなわち、小平克『森鴎外論 ─ 「エリーゼ来日事件」の隠された真相 ─ 』(おうふう、2005年)、小平克『森鴎外「我百首」と「舞姫事件」』(同時代社、2006年)および、林尚孝『仮面の人・森鴎外』(同時代社、2005年)に対するオンライン書評一覧。



記念館・旧跡へ▼

4. インターネット上で読める森鴎外研究論文等

 以下の論文等は、主に大学の紀要類に掲載されたもので、ほとんどPDFです。鴎外研究のほか、「国語科」教材としての『舞姫』に関する研究も含めています。掲載誌名、巻号などはリンク先で分かるので省略しました。なお、オープンアクセスに限定し、有料閲覧、学内閲覧、あるいは会員のみのサイトは除きました。また技術的な理由から、原タイトルの「 」を『 』に、「 」を〈 〉にするなど、適宜変更を加えています。配列は著者名の五十音順。

  1. 赤嶺幹雄「森鴎外論」(2002〜2004年)
  2. 漱石と対比しつつ、鴎外の41作品を批判的に読解。ただ行間が狭く文字が詰まっていて読み難い。青空文庫縦書きブラウザー《Azur》で読むとよい。
  3. 浅田隆「森鴎外『舞姫』私議 ─ 辞書と法律,その他」(1983年12月)
  4. 天野愛子「森鴎外『蛇』論 ─ 語ることの価値」(2007年3月)
  5. 天野愛子「鷗外晩年の境地〈知足〉についての一考察 ─ 『蛇』『高瀬舟』『委蛇録』を中心として」(2008年3月)
  6. 新井正人「"Vita sexualis"という言説装置 ─ 森鴎外におけるクラフト=エビング受容」(2012年11月)
  7. 荒木伝「『大塩平八郎』(森鴎外)に見る明治大逆事件の影(上)」(2008年8月)
  8. 荒木伝「『大塩平八郎』(森鴎外)に見る明治大逆事件の影(下)」(2008年10月)
  9. 有光隆司「森鴎外『大塩平八郎』とゲーテ『ギヨツツ』 ─ 平八郎と宇津木の人物造型をめぐって」(1982年1月)
  10. 安藤秀国「森鴎外『舞姫』における揺らぐベルリーン」(2011年9月)
  11. Iikura, Akira(飯倉章) 'The Japanese Response to the Cry of the Yellow Peril during the Russo-Japanese War'(日露戦争中の黄禍論の喧伝に対する日本側の対応)(2006年3月)
  12. 井内美由起「森鴎外の衛生思想と身体観 ─ 〈風呂嫌い〉の挿話を手がかりに」(2008年2月)
  13. 池田蛇足「森鴎外『雁』論 ─ 重なり揺らぐ〈物語〉たちの物語 ─ 」(1999年1月更新)
  14. 石井和夫「鴎外の小品:『羅生門』と『春の盗賊』に投じた影」(2005年12月)
  15. 石崎等「佐藤春夫と一九一〇年代(2)ニーチェ・鷗外・大石誠之助との関わりをめぐって」(2013年1月)
  16. 石崎等「佐藤春夫と一九一〇年代(3)ニーチェ・鷗外・大石誠之助との関わりをめぐって」(2013年7月)
  17. 石崎等「佐藤春夫と一九一〇年代(4)ニーチェ・鷗外・大石誠之助との関わりをめぐって」(2014年1月)
  18. 石崎瑠璃子「森鴎外の詩集『沙羅の木』考」(2011年)
  19. 石田美代子「外来語の表記について ─ 森鴎外の場合」(1969年12月)
  20. 石田頼房「森鴎外の市区改正論 ─ 〈市区改正論略〉を中心に ─ 」(1991年)
  21. 石田頼房「森鴎外の都市計画論 ─ 衛生新篇の都市、家屋の章について」(1997年)
  22. 石出靖雄「漱石作品における〈のだ〉文の使われ方:鴎外『青年』と比較して 」(2004年3月)
  23. 泉健「"Ost=Asien"における森鴎外『舞姫』(宇佐美濃守独訳) 」(2008年2月)
  24. 磯貝英夫「鴎外「史伝」に関する断想 〈研究余滴〉」(1955年5月)
  25. 磯貝英夫「歴史小説の入口 ─ 五条秀麿おぼえがき」(1960年11月)
  26. 磯貝英夫「第一回日本医学会論争:鷗外初期のたたかい」(1963年12月)
  27. 磯貝英夫「森鴎外における虚無-1-大石路花について 」(1986年3月)
  28. 出光公治「森鴎外『半日』論 ─ 高山家に見える〈時代〉の混沌」(2004年12月)
  29. 出光公治「森鷗外『金毘羅』論 ─ 〈性命〉をめぐる物語として」(2005年6月)
  30. 伊藤敬一「鴎外初期の文学觀:批評活動から創作へ」(1980年2月)
  31. 伊藤敬一「森鴎外の美術論 ─ 原田直次郎・外山正一をめぐって」(1987年3月)
  32. 伊藤敬一「鴎外,内面の転回:『灰燼』をめぐって」(1994年7月)
  33. 伊藤誠子「『舞姫』と教科書 ─ 定番教材『舞姫』を学校現場で読み続けるために」(2009年3月)
  34. 伊藤発子「森鴎外『舞姫』と唐代伝奇 ─ 『霍小玉伝』との関連」(1978年12月)
  35. 伊藤發子「明治22年の鴎外:ドイツ学者・文明批評家として」(1979年12月)
  36. 伊藤發子「鴎外歴史小説と中国文学:『魚玄機』と唐代伝奇との関連において」(1980年12月)
  37. 伊藤發子「再び, 森鴎外 『護持院原の敵討』に就いて ─ 藤岡屋日記の紹介」(1983年12月)
  38. 井上優「書評 小泉浩一郎著, 『森鴎外の世界像』」(2014年5月)
  39. 井戸田總一郎「森鴎外と劇場」 (2001年12月)
  40. 今井佐惠子「森鴎外と福澤諭吉の食生活論」(2002年3月)
  41. 今田淳「森鴎外とE..T.A.ホフマン-ホフマン受容史の一断面」(1984年)
  42. 今村孝「『舞姫』雑考」(1976年12月)
  43. 井村紹快「鷗外文学に対する三つの視点」(1979年2月)
  44. 井村紹快「佐橋甚五郎』と『堺事件』の提示するもの」(1981年3月)
  45. 上田正行「没理想論争小解」(1986年3月)
  46. 上田正行「『航西日記』の性格」(1989年2月)
  47. 上田正行「研究余滴(4)此恨面面無尽期 ─ 近代文学異見」(1997年2月)
  48. 上田正行「『徂征日記』に見る鴎外の戦争へのスタンス」(2002年3月)
  49. 内田 敏夫「『舞姫』豊太郎とエリス : その出会いと破局の心理」 (1996年3月)
  50. 瓜生研二「鷗外のイプセン観の構造」(1985年3月)
  51. 江口清「森鴎外とメリメ」(1979年9月)
  52. 越後敬子「其角堂永機の交友圏 ─ 細木香以を中心に」(2012年3月)
  53. 恵光院 白「我らが大先輩:森鴎外編の"帝室博物館書目解題"小考 」(2005年7月)
  54. 海老田輝巳「森鴎外と朱子学」(1999年2月)
  55. 海老田輝巳「森鴎外の小倉における生涯学習活動」(1999年3月)
  56. 海老田輝巳「津和野養老館における崎門学派朱子学の役割」(1999年)
  57. 海老田輝巳「森鴎外の北部九州における講演による啓蒙活動」(2000年3月)
  58. 大石直紀「鴎外・漱石の近接について ─ 『草枕』・『生田川』・『青年』 ─ 」(1986年)
  59. 大石直紀「鷗外と〈子規の衣鉢〉:近代日本の亡失された水脈、或いは、〈読むこと〉の自由へ」(2012年3月)
  60. 大口美保「森鴎外 ─ 『舞姫』と〈密かな反抗〉」(1986年3月)
  61. 大島進「鴎外森林太郎による獨逸語NACHRICHTENの二つの翻譯語〈情報〉と〈状報〉」 (1990年)
  62. 大島進「明治譯述兵書記載〈状報〉〈情報〉語と「状情」句および幕末明治渡来兵書」(1991年)
  63. 大島田人「鴎外文学に於ける西欧文学の影響 ─ 『雁』とポオの『モルグ街の殺人犯』」(1956年12月)
  64. 大島田人「鴎外文学に於ける西欧文学の影響(二) ─ 鴎外とアーヴィング」(1957年12月)
  65. 大島田人「鷗外の翻訳文学(一) ─ 創作的技癢 ─ (附)澁江抽齋の仕えた信順の書状について ─ 鷗外研究の一端として ─ 」(1960年1月)
  66. 大島田人「鷗外の飜訳文学(二) ─ パァテル・ゼルギウス ─」(1961年4月)
  67. 大島田人「鷗外の翻訳文学(三) ─ 怪奇小説の系列 ─ 」(1963年3月)
  68. 大島田人「鷗外の翻訳文学(四) ─ 諷刺小説の系列 ─ 」(1964年3月)
  69. 大島田人「鷗外の翻訳文学(五) ─ 鴎外の女性観とリルケとの交渉を饒って ─」(1965年3月)
  70. 大島田人「鷗外の翻訳文学(六) ─ 翻訳脚本を繞って ─ 」(1966年1月)
  71. 大島田人「『うたかたの記』に於ける『即興詩人』の投影」(1970年4月)
  72. 大島田人「『うたかたの記』の実地踏査報告 ─ "『うたかたの記』に於ける『即興詩人』の投影"補遺」(1971年1月)
  73. 大島田人「『うたかたの記』の実地踏査報告補遺」(1972年2月)
  74. 大島田人「〈東伯林〉に於ける森鷗外の史跡調査報告 ─ 『舞姫』・『ヰタ・セクスアリス』・『妄想』・『普請中』・『大発見』・『独逸日記』 ─ 」(1972年2月)
  75. 大島田人「〈ヘレンキームゼー宮殿〉調査報告 ─ 『うたかたの記』研究の参考資料として」(1972年12月)
  76. 大島田人「〈ノイシュヴァーンシュタイン城〉と〈ホオエンシュヴァーンガウ城〉調査報告 ─ ”『うたかたの記』実地踏査報告”補」(1974年1月)
  77. 大島田人「バイエルンの狂王〈ルウドヰヒ2世〉 ─ その生涯と死について」(1974年3月)
  78. 大島田人「鷗外の小説『大發見』とP馬の作家グスタフ・ヰイドとの交渉」(1975年1月)
  79. 大島田人「森鷗外 ─ 人と文学のふるさと ─(14)東京・雑司ヶ谷霊園」(1989年3月)
  80. 八角真とともに全国に森鷗外史跡を訪ねたシリーズだが、(1)〜(13)は学内公開のみ。
  81. 大島田人「森鷗外 ─ 人と文学のふるさと ─(15)東京・染井霊園」(1990年3月)
  82. 大塚浩一郎「森鴎外と自然科学 ─ 序論」 (1970年3月)
  83. 大塚浩一郎「森鴎外と自然科学 ─ その実証的方法論をめぐって」(1970年12月)
  84. 大塚美保「帝室制度審議会と鴎外晩年の業績」(2011年8月)
  85. 大星光史「自然観照・自己心境を俳句に託して(「森鴎外と夏目漱石の俳句」(1) ─ 森 鴎外」(1998年12月)
  86. 大本泉「正宗白鳥『迷妄』論:森鴎外『迷妄』をとおして」(1997年1月)
  87. 大本達也「日露戦争後の鴎外・森林太郎における〈国家〉と〈文学〉 ─ 明治期における〈文学〉概念の形成過程をめぐる国民国家論 3 ─ 」(2006年3月)
  88. 尾形仂「『北條霞亭』拾遺」(1987年5月)
  89. 岡林清水「森鷗外『堺事件』 ─ その歴史性・文学性をめぐって ─ 」(1985年3月)
  90. 岡本文子「『寒山拾得』考:豊干像を中心に」(1999年3月)
  91. 荻原桂子「生涯学習としての鴎外の読書」(2002年3月)
  92. 荻原桂子「森鴎外『舞姫』序論 」(2002年10月)
  93. 荻原桂子「鷗外の『大戦学理』」(2012年1月)
  94. 荻原雄一「資料・六草いちか『鴎外の恋』の問題点について」(2012年)
  95. 奥野政元「『舞姫』論」(1979年3月)
  96. 奥野政元「鴎外ノート(二):中期世界-岡崎理論を基軸に-その二」(1983年3月)
  97. 奥野政元「『阿部一族』について(一):鴎外ノート(四)」(1984年3月)
  98. 小倉斉「〈文学と自然〉論争における鷗外: 《『文学ト自然』ヲ読ム》の残した課題」(1983年12月)
  99. 小倉斉「『明治二十二年批評家の詩眼』における鷗外と忍月」(1984年12月)
  100. 小倉斉「鷗外・逍遙対立の淵源」(1986年1月)
  101. 小倉斉「森鷗外初期の文体意識に関する覚書 ( 一 )」(1988年3月)
  102. 小倉斉「森鷗外初期の文体意識に関する覚書 ( 二 )」(1989年3月)
  103. 小倉斉「金井湛の《詞》意識:「ヰタ・セクスアリス」論のために」(1989年12月)
  104. 小倉斉「森鷗外の作品批評:《合評》形式の意味をめぐって」(1991年2月)
  105. 小倉斉「鷗外漁史の再生:『玉篋兩浦嶼』執筆の意図」(1991年11月)
  106. 小倉斉「明治文学における《浦島説話》の再生:露伴、鷗外、逍遙を中心に ( 一 )」(1994年2月)
  107. 小倉斉「《合評》という名の文芸時評:『めさまし草』『藝文』『萬年艸』における森鷗外」(2013年3月)
  108. 長田真紀「森鴎外著『木精』考:子ども時代への訣別」(2008年3月)
  109. 尾島光子「森鴎外の歴史小説」(1973年3月)
  110. 小沢次郎「『薔薇』にみる鷗外の翻訳意図」(1991年6月)
  111. 小田迪夫「森鴎外『山椒大夫』の文体について ─ 現在形止めセンテンスの考察」(1966年12月)
  112. 小野厚夫「明治期における情報と状報」(1991年)

  113. 加賀乙彦「私の森鴎外」(2009年8月)
  114. 何欽泰「森鴎外の漢文日記に見られる外国人名の表記についての一考察 ─ 『隊務日記』を中心に」(2000年11月)
  115. 角田敏郎「森鴎外の詩論」(1969年1月)
  116. 片岡懋「明治二〇年代初葉に於ける森鴎外 ─ 『うたかたの記』を中心とした一考察」(1970年10月)
  117. 勝倉壽一「森鴎外『ぢいさんばあさん』私論」(1996年12月)
  118. 勝倉壽一「森鴎外「佐橋甚五郎」私論 ─ 謁見の場の構図と日韓併合問題について」(1997年12月)
  119. 勝倉壽一「『栗山大膳』論 ─ 〈見切り〉をめぐって」(2000年12月)
  120. 勝倉壽一「『安井夫人』の問題 ─ 『歴史其儘』の苦悩」(2007年6月)
  121. 加藤弘一「書評・山崎一穎編 『別冊太陽 森鷗外』」 (2012年5月)
  122. 加藤弘一「書評・山伏紀 『評伝 森鷗外』 」(2012年5月)
  123. 加藤弘一「書評・中井義幸 『鷗外留学始末』 (2012年5月)
  124. 加藤弘一「書評・小平克『森鴎外論 ─ 「エリーゼ来日事件」の隠された真相 ─ 』」(2012年5月)
  125. 加藤弘一「書評・小平克『森鴎外〈我百首〉と〈舞姫事件〉』」(2012年5月)
  126. 加藤弘一「書評・今野勉 『鷗外の恋人 百二十年後の真実』 (2012年5月)
  127. 加藤弘一「書評・六草いちか『鷗外の恋 ─ 舞姫エリスの真実』 (2012年5月)
  128. 加藤弘一「書評・西成彦 『世界文学のなかの『舞姫』』 (2012年5月)
  129. 加藤弘一「書評・荻原雄一編 『《舞姫》―エリス、ユダヤ人論』 (2012年5月)
  130. 加藤弘一「書評・山崎一穎編、井上靖訳 『現代語訳 舞姫』 (2012年5月)
  131. 加藤弘一「書評・井戸田総一郎 『演劇場裏の詩人 森鷗外』 」(2013年3月)
  132. 加藤弘一「岡井隆 『鷗外・茂吉・杢太郎 〈テエベス百門〉の夕映え』 」(2013年3月)
  133. 加藤弘一「岡井隆 『森鷗外の《うた日記》』」(2013年3月)
  134. 加藤弘一「六草いちか 『それからのエリス』」 (2013年3月)
  135. 加藤静夫「加藤周一の〈鴎外〉論:雑種文化との交叉」(1995年1月)
  136. 加藤百合「法律と文学(二)明治21〜22年『舞姫』の時代市区改正条例と森鴎外」(2001年3月)
  137. 加藤百合「明治期露西亜文学翻訳論攷(6)森鴎外・昇曙夢(「重訳」と「風土」)」(2007年10月)
  138. 金子幸代「鴎外のドイツ留学 ─ ジェンダーの視角から」(2000年5月)
  139. 青空文庫ブラウザー《Azur》向き。
  140. 金子幸代「日本近代劇再考: 『オセロ』上演と鷗外の〈歌舞伎〉」(2005年2月)
  141. 金子幸代「日本近代劇再考2: メーテルリンク『モンナ・ワンナ』と鴎外の〈歌舞伎〉」(2005年8月)
  142. 金子幸代「日本近代劇再考III:イプセン劇と鴎外の〈歌舞伎〉」(2006年2月)
  143. 金子幸代「日本近代劇再考IV:『プルムウラ』と鴎外の〈歌舞伎〉」(2006年8月)
  144. 金子幸代「日本近代劇再考 V:『玉篋兩浦嶼』と鴎外の〈歌舞伎〉」(2007年8月)
  145. 金子幸代「『椋烏通信』の視覚5:『椋鳥通信』における人名の頻出順位(トップ二十九)」(2012年12月)
  146. 本稿の1〜4は未掲載
  147. 金子幸代「イプセン『人形の家』をめぐる鴎外と魯迅:魯迅生誕一三〇年に寄せて」(2012年)
  148. KANEKO,Sachiyo「Mori Ogai und das deutsche Theate= 森鷗外とドイツ演劇」(2013年2月)
  149. 金田昌司「国際化時代と地域歴史素材の活性化:鴎外『舞姫』モデル、武島務と秩父市の事例」(2013年2月)
  150. 金本宣保「〈国語総合〉 森鷗外『阿部一族』の授業」(2004年3月)
  151. 嘉部嘉隆「舞姫論争の論理:舞姫論争についての一異見(三)」(1972年3月)
  152. 嘉部嘉隆「舞姫論争の論理(三):舞姫論争についての一異見(五) 」(1973年3月)
  153. 嘉部嘉隆「森鴎外文芸評論の研究(一):「小説論」改稿の意図と方法 」(1976年9月)
  154. 嘉部嘉隆「森鴎外文芸評論の研究(二):「小説論」の論理 」(1978年9月)
  155. 嘉部嘉隆「森鴎外文芸評論の研究(三):「レッシングが事を記す」改稿の意図 」(1977年10月)
  156. 嘉部嘉隆「森鴎外文芸評論の研究(四):付・石橋忍月に関する基礎的覚書(補遺) 」(1979年10月)
  157. 嘉部嘉隆「〈研究ノート〉舞姫第二作説についての疑問 」(1980年12月)
  158. 嘉部嘉隆「森鴎外文芸評論の研究(五):「幽玄論争」の論理と方法(1) 」(1982年2月)
  159. 嘉部嘉隆「森鴎外文芸評論の研究(六):「『志がらみ草紙』の本領を論ず」の論理 」(1983年11月)
  160. 嘉部嘉隆「研究余録 シンポジウム〈『舞姫』をめぐって〉補説 」(1983年11月)
  161. 嘉部嘉隆「森鴎外『舞姫』草稿における推敲の意味 」(1986年1月)
  162. 嘉部嘉隆「森鴎外『舞姫』草稿における推敲の意味(承前) 」(1987年3月)
  163. 嘉部嘉隆「森鴎外論雑記 」(1989年3月)
  164. 嘉部嘉隆「森鴎外論雑記(二) 」(1990年3月)
  165. 嘉部嘉隆「森鴎外論雑記(三) 」(1993年3月)
  166. 神木まなみ「森鷗外と森林太郎 ─ 『ヰタ・セクスアリス』を中心に」(2009年9月)
  167. 上安祥子「近代公園と公共の思想 : 上野公園移管と森鴎外」(2015年9月)
  168. 神山伸弘「『普請中』のベルリン ─ 1887年・88年当時の森鴎外第2・第3住居環境考 」(2000年3月)
  169. 神山伸弘「鴎外はブランデンブルク門の彼方に凱旋塔を見なかったのか ─ 『舞姫』における「目睫の間」の「景物」をめぐって 」(2004年3月)
  170. 神山伸弘「〈三百年前の遺跡〉としての聖母マリア教会 : 森鷗外『舞姫』〈古寺〉考証」 (2007年3月)
  171. 亀井志乃「〈美文天皇〉と〈観音〉 ─ 坪内逍遥対森鴎外〈没理想論争〉について」(1998年10月)
  172. 亀井秀雄「森鴎外の作品と人間像 ─ 〈戦闘的な啓蒙活動〉の不幸」(2002年12月)
  173. 川島秀一「近代小説理論の一傾向 ─ 鴎外歴史小説の問題性を中心として」 (1975年9月)
  174. 川副国基 「鴎外訳『即興詩人』のふるさと」(1969年)
  175. 川田殖「ヒポクラテスの〈誓い〉を読む(4):いわゆる「安楽死」をめぐって」(1991年)
  176. 木原茂「文段の構成における進展と拡充 ─ 漱石と鴎外の文体について」 (1960年5月)
  177. 木村真佐幸「鴎外の歴史小説試論:その転機の一側面(一) 」(1971年3月)
  178. 木村真佐幸「鴎外の歴史小説試論(二):『興津』改作の背景」(1972年3月)
  179. 木村真佐幸「鴎外の歴史小説試論(三):初稿『興津』から改稿『興津』へ」(1972年9月)
  180. 木村真佐幸「鴎外雑感:内なる反逆の美学」(1989年7月)
  181. 木村真佐幸「日記の虚実:鴎外・一葉文学の基底」 (1990年1月)
  182. 京都教育大学附属高校国語科「定番教材『舞姫』 : 5人の教師による5種類の授業」(2001年10月)
  183. 近代文学研究会
  184. 大阪の高等学校国語科教員を中心とする研究会。「『舞姫』論」(1997年11月)と「鴎外の医学方面での活動」の2本を掲載。ただし2011年1月を最後に更新されていない。
  185. 草光俊雄「鴎外の史伝と社会史」(1993年10月)
  186. 工藤茂「森鴎外と口承文芸 ─ 『百物語』を中心に 」(1978年1月)
  187. 工藤茂「森鴎外『山椒大夫』考-1-その本文校訂について」 (1980年1月)
  188. 工藤茂「森鴎外『山椒大夫』考-2-その典拠について」(1982年1月)
  189. 工藤茂「『さんせう太夫』の性格」(1983年1月)
  190. 九内悠水子「森鴎外『魚玄機』試論」(2001年12月)
  191. 栗坪良樹「森鴎外『阿部一族』の組織論 ─〈殉死〉という一大興行の行方」 (1994年12月)
  192. 黒田俊太郎「〈名刺〉という小さなディスクール:森鴎外『青年』に於ける〈利他的個人主義〉との接点をめぐって」(2013年8月)
  193. 桑原美代子「森鴎外『舞姫』」論」(1991年3月)
  194. 小泉浩一郎「最近における鴎外歴史小説研究への一視点:大岡・菊地・藤本・蒲生氏等の諸論をめぐり」(1976年)
  195. 小泉浩一郎「『雁』論:現実認識の錯誤をめぐり」(1979年)
  196. 小泉浩一郎「『阿部一族』と『歴史其儘』:主として作品前半部をめぐり」(1980年)
  197. 小泉浩一郎「前田愛氏『ベルリン一八八八年:都市小説としての《舞姫》』をめぐり」(1982年)
  198. 小泉浩一郎「鴎外の考証・その発想法:『北条霞亭』の第二北游・南帰をめぐり 」(2006年3月)
  199. 古賀勝次郎「史伝に見られる森鴎外の歴史観」(2006年7月)
  200. 国文学会夏季大会パネルディスカッション「みんなでエリスを考える ─ 森鷗外『舞姫』の解釈と教授法」(2003年1月)
  201. ghostbuster「鴎外は卑怯だったのか−軍医森林太郎と脚気」(2009年2月)
  202. ghostbuster's book web の一部、日本の作家にまつわるエッセイ・文豪に聞いてみように収録された論稿
  203. 後藤滋「環境工学序説」(1996年8月)
  204. 小仲信孝「〈僕〉のテクスト戦略 ─ 森鴎外『雁』を読む」(2000年3月)
  205. 小林幸夫「森鴎外と日露戦争:『うた日記』の意味 」(1980年2月)
  206. 小林幸夫「『「夢がたり』論 ─ 森鴎外の〈生〉のかたち」 (1982年1月)
  207. 小林幸夫「『羅生門』の表現方法:森鴎外『金貨』の影」(1995年3月)
  208. 小林幸夫「森鴎外『金貨』論 ─ 親和と連帯」(1996年3月)
  209. 小林幸夫「森鴎外の〈腰弁当〉時代」(1998年3月)
  210. 小林幸夫「森鴎外『青年』論 ─ 反〈立身出世〉小説」(2007年1月)
  211. 小堀桂一郎「森鴎外『日本文學の新趨勢』について ─ 發見された獨文『東漸雑誌』より」(1996年3月)
  212. 小堀桂一郎「森鴎外と山縣有朋 ─ 明治の終焉まで」(1998年3月)
  213. 小松原千里「森鴎外の文学に現れた女たち」(1989年6月)
  214. Cominetti Philippe(コミネッティ・フィリップ)「References occultes: La-bas dans Seinen de Mori Ogai〔暗闇から:森鷗外『青年』における〈彼方〉の問題〕」(2008年)

  215. 斉藤英雄「漱石・鴎外と九州:〈筑後〉を中心に」(1992年12月)
  216. 斉藤英雄「漱石・鴎外と九州:〈耶馬渓〉を中心に」(1993年12月)
  217. 佐々木充「鴎外『舞姫』論 」(1977年12月)
  218. 佐々木充「『うたかたの記』『文づかひ』論 ─ 初期三部作をどう読むか」(1978年12月)
  219. 佐々木充「『ぢいさんばあさん』論」(1987年2月)
  220. 佐々木充「『澀江抽齋』論 : 自律する人間への夢」(1993年2月)
  221. 坂井健「没理想論争注釈稿」(7)(1996年3月)
  222. 坂井健「没理想論争注釈稿」(8)(1997年3月)
  223. 坂井健「没理想論争注釈稿」(9)(1998年3月)
  224. 坂井健「没理想論争注釈稿」(10)(1999年3月)
  225. 坂井健「没理想論争注釈稿」(11)(2001年3月)
  226. 坂井健「没理想論争注釈稿」(12)(2002年3月)
  227. 坂井健「没理想論争注釈稿」(13)(2003年3月)
  228. 坂井健「鴎外がハルトマンを選んだわけ」(2006年3月)
  229. 坂井健「鷗外のサービス精神:本保義太郎筆録〈美学〉ノートの独自性」(2007年3月)
  230. 酒井為久「『舞姫』指導上の問題」 (1968年3月)
  231. 酒井敏「森鴎外『大発見』をめぐって ─ 諸書の陰影 (3)」(1992年3月)
  232. 「諸書の陰影(1)(2)」は別の著者が対象。
  233. 佐藤嗣男「『山椒大夫』序説 ─ 〈冬の時代〉における鴎外の歴史小説」 (1999年2月)
  234. 佐藤光友・松本啓二ト「子どものための哲学教育―自分とは誰か,鷗外の場合―」(2012年9月)
  235. 佐藤洋子「〈文明〉と〈文化〉の変容」 (1991年3月)
  236. 重松泰雄「鷗外における〈歴史〉への開眼 ─ 一つの覚え書き」(1974年8月) (1974年8月)
  237. 篠原武志「『舞姫』授業とフォローアップ試論 ─ 生徒の〈論〉を交差させる試み」(2006年12月)
  238. 篠原義彦「鷗外の軌跡 ─ 『高瀬舟』『寒山拾得』と〈上院占席〉問題 ─ 」(1985年3月)
  239. 篠原義彦「森鷗外の軌跡 ─ 『鎚一下』をめぐって ─ 」(1986年3月)
  240. 篠原義彦「森鷗外『雁』の世界」(1987年12月)
  241. 篠原義彦「森鷗外と平出修と幸徳秋水」(1988年12月)
  242. 篠原義彦「森鷗外論考 ─ 『古い手帳から』への道程 ─ 」(1989年12月)
  243. 篠原義彦「森鷗外と大逆事件 ─ 『出来事中心の世間縦横記』の問題 ─ 」(1991年12月)
  244. 篠原義彦「森鷗外における東と西の問題」(1992年12月)
  245. 篠原義彦「森鷗外 『桟橋』の問題」(1994年12月)
  246. 柴田哲谷「森鴎外『舞姫』:「胸張り肩聳えたる士官の〜」について(2005年10月)
  247. 柴田哲谷「森鴎外『舞姫』における「母の死」について」(2010年5月)
  248. 荘千慧「鷗外の怪奇小説:明治期の心霊学の流行との関連をめぐって」(2012年12月)
  249. ジョンニ・ラスマダ・H「森鴎外の武士道観:『意地』を中心として」(1984年)
  250. ジョンニ・ラスマダ・H「森鴎外研究『堺事件』を中心に」(1985年)
  251. 杉山二郎「森鴎外とインド学・仏教学 」(2000年3月)
  252. SCOTT, Jennifer 「The Influence of the German Novelle on the Works of Mori Ogai」(2014年2月)
  253. 須田喜代次「鴎外『天保物語』論(1):『護持院原の敵討』を中心に」(1983年3月)
  254. 須田喜代次「帝室博物館総長兼図書頭時代の鴎外森林太郎 」(1992年3月)
  255. 須田喜代次・伊藤裕子・井原あや他「翻刻森鴎外自筆『一葉日記抄 上』 」(2003年3月)
  256. 鈴木将史「初期鴎外のドイツ文学観」(2003年3月)
  257. 砂原茂一「障害論の100年 ─ 森鴎外からICIDHまで」(1981年11月)
  258. 住広昭子「鴎外の博物館書目解題に関連して」(2005年12月)
  259. 清田文武「森鴎外『最後の一句』の解釈 ─ 読解・鑑賞指導における主題措定に触れて」(1978年3月)
  260. 清田文武「津上忠『阿部一族』考」(2002年11月)
  261. 清田文武「鈴木六林男・茨木のり子における森鴎外」(2005年2月)
  262. 清田文武「森鴎外の〈さみだれ〉の句」(2005年6月)
  263. 清田文武「森鴎外とその短歌」(2009年12月)
  264. 関口 裕昭「鴎外訳レーナウ詩 〈月光〉〈あしの曲〉について:訳詩集 『於母影』 の一側面 (2001年)
  265. 瀬崎圭二「流行論の生成と森鴎外『流行』 」(2005年3月)
  266. 瀬里広明「露伴と鴎外 ─ 観画談と寒山拾得」(1959年9月)
  267. 曽玉蓉「森鷗外の歴史小説『最後の一句』における官僚批判の心理」(2009年12月)

  268. 高木 徹「『舞姫』の学習指導」 (1990年8月)
  269. 高田知波「バイリンガルの手記 : 『舞姫』論への一視点」(2000年2月)
  270. 高野奈保「森鴎外『青年』論:〈ラシイヌ〉 を視座にして」(2007年3月)
  271. 高橋智「森鷗外『小嶋宝素』伝補 」(1994年)
  272. 高橋純「森鴎外の文語体翻訳作品の言語的特徴について〜『ぬけうり』を例に 〜」(2014年3月)
  273. 高橋純「鴎外の文語文体翻訳内における「係り結び」とそのドイツ語原文との対応 : 係助詞ヤについて」 (2015年3月)
  274. 高橋純「 鷗外の文語文体翻訳内における「係り結び」とそのドイツ語文との対応(その2) : 係助詞カについて」(2016年3月)
  275. 高橋俊夫「近代作家と〈江戸〉(第二部):鴎外・露伴の漢詩瞥見」(1984年8月)
  276. 高橋正夫「安らかな瞑目:鴎外の〈甘瞑の説〉」 (1998年6月)
  277. 高屋正房ほか「2001年度『舞姫』共同研究のまとめ」(2002年3月)
  278. 瀧井敬子「森鴎外訳『オルフエウス』をめぐる一考察」(2002年)
  279. 滝藤満義「高瀬舟 ─ 語り手のスタンス」 (2006年)
  280. 瀧本和成「森鷗外の日露戦争 : 『うた日記』の試み」(1995年11月)
  281. 竹盛浩二「生徒とともに小説を読む:森鴎外『高瀬舟』の場合」(1996年3月)
  282. 武谷恵美子「森鴎外と武谷水城」(2000年1月)
  283. 田代ゆき「『文づかひ』の美術空間」(2003年2月)
  284. 田中岩男「鴎外と『ファウスト』(その一) ─ 「対話」『団子坂』など」(2000年2月)
  285. 田中岩男「鴎外と『ファウスト』(その二) ─ 時間論的にみた『舞姫』/「グレートヒェン悲劇」」(2000年8月)
  286. 田中絵美利「森鴎外『雁』論 ─ 〈僕〉の〈語りの衝動〉」(2004年4月)
  287. 田中裕之「『うたかたの記』論 ─ 〈ロオレライ〉の図の完成・未完成をめぐって」(1991年12月)
  288. 田中実「『雁』再論:〈物語〉を包む〈近代小説〉の神髄」(2014年)
  289. 谷口巌「『舞姫』小考 -物語中の〈時間〉を読む-」(2003年3月)
  290. 谷口佳代子「森鴎外『青年』における絵画とその象徴的意味」(2006年11月)
  291. 谷口幸代「アルファベット〈0〉の笑い ─ Yoko Tawada 『Pulverschrift Berlin 1.Für Luise』」(2008年6月)
  292. 谷 光太郎「鴎外・森林太郎のキャリアへの一考察」(2006年3月)
  293. 檀原みすず「森鴎外『舞姫』研究史考(一) 」(1977年10月)
  294. (二)はなぜか本文未掲載
  295. 檀原みすず「森鴎外『舞姫』研究史考(三) 」(1978年9月)
  296. 檀原みすず「森鴎外『舞姫』異本考:縮刷本『美奈和集』の位置づけのために 」(1980年12月)
  297. 檀原みすず「『舞姫』における漢字の読み方に関する諸問題 」(1982年2月)
  298. 檀原みすず「『舞姫』論への一視点 」(1983年2月)
  299. 檀原みすず「『舞姫』諸本考再論 」(1983年11月)
  300. 檀原みすず「森鴎外『舞姫』の『塵泥』における改稿問題 」(1987年3月)
  301. 檀原みすず「森鴎外『文づかひ』のテクスト生成研究 : 資料篇」(2004年3月)
  302. 檀原みすず「MORI Ogai's Views on Fine Arts and Utakata no Ki:Creation of Picture of Lorelei by imagination」(2005年3月)
  303. 檀原みすず「書評 清田文武編 『森鴎外『舞姫』を読む』 」(2014年5月)
  304. 千葉俊二「無縁坂の女 ─ 森鴎外『雁』と地名起源説話」 (1989年12月)
  305. 塚本章子「一葉『うもれ木』における〈芸〉の歴史的位相 ─ 露伴『風流仏』・鴎外訳『埋木』との比較を通して 」(1997年12月)
  306. 築地道江「『舞姫』学習指導の展開と反省」 (1980年11月)
  307. tsuzu「森鴎外とオペラ」(2008年8月)
  308. 出口汪「出口の文学鑑賞 森鴎外『舞姫』」
  309. テレングト, アイトル(TERENGUTO, Aitoru)「近代の衝撃と海:鴎外・漱石・魯迅・郁達夫・サイチョンガによって表象された〈海〉(上)」 (2004年7月)
  310. テレングト, アイトル「近代の衝撃と海:鴎外・漱石・魯迅・郁達夫・サイチョンガによって表象された〈海〉(中-続)」 (2008年3月)
  311. テレングト, アイトル「近代の衝撃と海:鴎外・漱石・魯迅・郁達夫・サイチョンガによって表象された〈海〉(中続1)」(2008年7月)
  312. テレングト, アイトル「近代の衝撃と海:鴎外・漱石・魯迅・郁達夫・サイチョンガによって表象された〈海〉(中-続2)」 (2009年7月)
  313. 土佐亨「『舞姫』俗論」 (1993年3月)
  314. 鳥内あゆみ「森鴎外『ル・パルナス・アンビュラン』研究 ─ ドラナチユウルの造形を中心に」(2010年12月)
  315. ドレーヴス・アンゲラ(Drews Angela) "Gemischter Begriffs-Salat a la fagon de Meiji:Hintergrunde zu Mori Ogais literaturkritischer Abhandlung Literatur und Natur"〔「概念ミックスサラダ明治風:森鴎外の〈文学と自然と〉という文学評論の背景〕(2003年6月)

  316. 中崎昌雄「森鴎外史伝『渋江抽斎』と山東京伝『客衆肝照子』書き入れに見る渋江抽斎」(1987年3月)
  317. 中崎昌雄「森鴎外『與謝野晶子さんに就いて』と火星学者パーシバル・ローエル」 (1991年2月)
  318. 中西雅彦「舞姫小論」 (1955年7月)
  319. 中野新治「鴎外『安井夫人』論 ─ 〈[遠い、遠い所に注がれてゐ]る視線〉をめぐって」(1996年1月)
  320. 中野博雄「芥川龍之介と漱石・鴎外」(1958年3月)
  321. 仲秀和「鴎外『大塩平八郎』の世界」(1975年9月)
  322. 中丸禎子「日本における北欧受容 ─ セルマ・ラーゲルレーヴを中心に」(2009年3月)
  323. 中丸禎子「森鷗外の北欧受容 ラーゲルレーヴ『牧師』 の翻訳」(2013年3月)
  324. 中村真理子「〈森鷗外論〉:舞姫における〈恨み〉の内実をめぐって」(1973年3月)
  325. 中村三代司「森鷗外『独身』論 ─ 身体言語としての〈笑い〉」(1994年)
  326. 長山泰介「情報という言葉の起源」 (1983年9月)
  327. 永吉雅夫「歩く厨子王:鴎外『山椒大夫』と説経」(1998年11月)
  328. 西口拓子「森鷗外・森於菟共譯『しあはせなハンス』 : 明治期グリム童話翻訳への一考察」(2012年3月)
  329. 錦織なな子「森鴎外における〈耳〉の表現 ─ その戯曲、小説に響く〈音〉2」(2010年12月)
  330. 錦織なな子「森鴎外における〈耳〉の表現 ─ その戯曲、小説に響く〈音〉3」(2011年12月)
  331. 本稿(1)は未公開。
  332. 仁野平智明『舞姫』論 ─ 〈母〉を読む可能性」 (1996年8月)
  333. 布目直子「森鴎外『雁』について」(1977年1月)
  334. 沼田尚道「文人たちが描いた大宮公園と青年像:森鴎外「青年」など」(2015年3月)
  335. 橋本あゆみ「大西巨人『神聖喜劇』における戦争と"うた" ─ 森鴎外『うた日記』引用を中心に ─ 」(2012年2月)
  336. 橋本佳代子「没理想論争の論理」(1980年12月)
  337. 橋本剛「森鷗外『うたかたの記』論」
  338. 橋本暢夫「中等国語教材史からみた森鴎外」(1991年8月)
  339. 橋本暢夫「鴎外作品の中等国語教材史上の役割」(1992年3月)
  340. 長谷川和子「鴎外『舞姫』の世界」(2010年8月)
  341. 畠中 敏郎「ミストラルと鴎外:『蛙』をめぐって」(1966年7月)
  342. 畑實「忍月と鴎外 」(1990年2月)
  343. 服部正「『雁』成立の社会的側面に関する一考察 ─ 森鴎外における明治十三年の意味、その他」(1968年9月)
  344. 服部正「『雁』における内的視点と外的視点との社会的関係 ─ 二つの挫折。お玉の、そして森鴎外の」(1968年12月)
  345. 服部康喜「『舞姫』論 : 変貌の抒情」(1982年3月)
  346. 馬場美佳「〈知覚〉の心理学と日本近代文学(明治編) 」(2013年3月)
  347. 浜下昌宏「森鴎外〈審美学〉の研究(1)-序説-」(1998年7月)
  348. 原田和夫「マンゾーニに於ける歴史其儘と歴史離れ」 (1972年1月)
  349. 浜地智子「森鴎外と唐代女性詩人魚玄機」(1977年10月)
  350. 浜田雅代「森鴎外と大逆事件 ─ 『あそび』『食堂』『田楽豆腐』研究」(2010年12月)
  351. 濱田真由美「森鴎外『舞姫』試論 :〈白〉と〈黒〉そして〈灰色〉をめぐる経緯 」(2004年3月)
  352. 濱田真由美「森鴎外『舞姫』試論 ─ 初期翻訳とのつながり(明治二〇年代を中心に) 」(2005年12月)
  353. 林正子「森鴎外『花子』における〈生命〉の〈美〉:その体現者・発見者・創造者をめぐって」 (1998年9月)
  354. 林正子「森鴎外の〈大学〉論と〈学問〉観 ─ その主張内容に見る現代的意義」(2002年2月)
  355. 林正子「近代日本の〈国民文化〉形成におけるドイツ思想の影響:森鴎外、高山樗牛、姉崎正治の場合」(独文)(2008年8月)
  356. 原貴子「森鷗外『蛇』と普通選挙運動」(2013年1月)
  357. バルタジュ・ジェイフン(BALTACI Ceyhun)「ハックレンダー『ヨーロッパの奴隷生活』と鴎外『舞姫』におけるバレエダンサー像」(2008年)
  358. 韓貞淑(ハン ジョン スク)「森鴎外『佐橋甚五郎』試論」(2007年8月)
  359. 韓貞淑(ハン ジョン スク)「博士の〈半日〉 ─ 森鷗外『半日』論」(2008年1月)
  360. 引地博信(壺齋散人)「森鴎外」
  361. 巨大ブログ『壺齋閑話』のうち、《日本語と日本文化》の中の「日本文学覚え書き」のさらに、その一部。とはいえ、史伝や歴史小説を中心に論じた16本の論稿から成る。なお、現在は『壺齋閑話』は続編へと展開中。
  362. 平岡敏夫「 日露戦後文学序説 」(1977年3月)
  363. 平上敏明「森鴎外論」(1970年3月)
  364. 美留町義雄「衛生都市ベルリン:鴎外のもう一つの都市体験 」(2007年)
  365. 美留町義雄「ベルリンのカフェにて:〈バウエル茶店〉と鴎外」(2008年3月)
  366. 美留町義雄「制服を脱いだ森林太郎」(2012年8月)
  367. 美留町義雄「「うたかたの記」とドイツ美術界の動向について : ミュンヘン画壇の消息より 」(2014年5月)
  368. 広石修・山崎一穎「第三次岩波版『鴎外全集』〈第二刷〉 収載の書簡錯簡考」(2000年3月)
  369. 広瀬毅彦「北尾次郎周辺から見た『舞姫』成立過程」(2016年2月)
  370. 福井幸男「森鴎外・統計訳字論争・疫学統計」(1994年12月)
  371. 福岡章「鷗外における自我の問題」(1963年12月)
  372. 福沢榮司「鴎外と明治という時代」(1994年12月)
  373. 福田育弘「構造としての飲食:魯文(ろぶん)の『安愚楽鍋(あぐらなべ)』から鴎外の〈牛鍋〉」へ」(2005年2月)
  374. 福田真人「肺病・コッホ・鴎外:結核の比較文化史 」(1990年)
  375. 福田真人「鴎外文学と肺病:結核の比較文化史」(1991年)
  376. 福田真人「鴎外の手拭、北里の大風呂:清潔と近代」(2012年)
  377. 福本彰「〈贋物〉横行世界での〈本物〉志向の達成度 ─ 嘉部嘉隆著『森鴎外 -初期文芸評論の論理と方法-』を読んで」 (1982年2月)
  378. 藤田保幸「森鷗外訳『緑葉の歎』初出本文及び総索引」(1998年)
  379. 藤田保幸「森鷗外訳『洪水』初出本文及び総索引(1999年)
  380. 藤田保幸「森鷗外訳『父』初出本文及び総索引」(2001年)
  381. 藤田保幸「森鷗外訳『いつか君は歸ります』初出本文及び総索引」(2002年)
  382. 藤田保幸「森鷗外訳「ソクラエテスの死」初出本文及び総索引」(2003年)
  383. 藤田保幸「森鷗外訳『新世界の浦島』初出本文及び総索引(上)」(2004年)
  384. 藤田保幸「森鷗外訳『新世界の浦島』初出本文及び総索引(中)」(2005年)
  385. 藤田保幸「森外訳『新世界の浦島』初出本文及び総索引(下):付.森鷗外訳「洪水」校異補訂」(2006年)
  386. 藤田保幸「森鷗外初期翻訳戯曲の言語について:『調高矣洋絃一曲』を中心に」(2007年3月)
  387. 藤田保幸「森鷗外訳『調高矣洋絃一曲』の音訛の実態」(2008年2月)
  388. 藤田保幸「森鷗外訳『黄綬章』の文章について:『瑞西館』『うきよの波』との比較を通して」(2010年1月)
  389. 藤田保幸「森鷗外訳『ふた夜』の疑問表現について」(2011年2月)
  390. 藤田保幸「森鷗外訳『埋木』の文章について」(2011年10月)
  391. 藤田保幸「鷗外初期文語体作品の疑問表現について:『水沫集』所収作品を資料として」(2012年3月)
  392. 藤田保幸「森鷗外訳『新浦島』の文章について:デス・マス体をめぐって」(2014年3月)
  393. 藤田 裕司「文学作品にみる〈枠づけ〉効果(1)」(1995年9月)
  394. 藤本千鶴子「意地について:阿部弥一右衛門のばあい」(1968年6月)
  395. 藤本千鶴子「鴎外『阿部一族』の発想:作品と実体験」(1975年10月)
  396. 藤本千鶴子「『最後の一句』の意図 ─ 大逆事件との関連」(1983年12月)
  397. 藤本千鶴子「鴎外における共同体と個 ─ 歴史小説集『意地』三部作の構造 」(1989年12月)
  398. 風里谷 桂「鴎外現代小説の〈時評性〉」 (1993年7月)
  399. 古郡康人「森鴎外『独身』論」 (1994年)
  400. フュルンケース・ヨーゼフ、和泉 雅人 , 村松 真理 [他] , 松村 友視「シュヴェーグラー『西洋哲学史』への森鴎外自筆書き込み ─ 翻刻および翻訳」(2004年)
  401. ベアーテ・ヴォンデ「森鷗外と忘れられた女性作家 ─ ボヘミア系ドイツ人女性作家オシップ・シュービン」(2010年7月)
  402. ベアーテ・ヴォンデ 〔Beate Wonde〕氏は Mori-Ôgai-Gedenkstätte(ベルリン森鷗外記念館)副所長。本稿のタイトルはずっと長いものだが、短縮した。
  403. 外尾登志美「『舞姫』の手記としての問題 ─ 精神的対応の部分の破綻」(1995年2月)
  404. 外尾登志美「『高瀬舟』論:物質からの自由,時の権威からの自由」(1997年2月)
  405. 外尾登志美「『寒山拾得』論 ─ 〈驕慢を折伏する〉ところに得られる自由」(1997年2月)
  406. 外尾登志美「『半日』の夫婦像 ─ 描かれなかったもう一つの時代」(1998年3月)
  407. 外尾登志美「『ヰタ・セクスアリス』論 ─ 時代の物質的〈性〉による疎外と、そこからの解放 」(1999年3月)
  408. 細川恒「『舞姫』小考 : 母の手紙をめぐって」(2013年3月)
  409. 堀井一摩 「神話の〈抹殺〉、〈抹殺〉の歴史:『基督抹殺論』と『かのやうに』における近代史学」(2014年)
  410. 堀竜一「森鴎外訳『即興詩人』とダンテ『神曲』」(2006年3月)
  411.  
  412. 前田角藏 「森鴎外『安井夫人』小考 」(2006年3月)
  413. 前田久徳「鴎外・歴史小説への軌跡」(1997年2月)
  414. 増田史郎亮「森鴎外における西洋と東洋の出会い ─ 主として彼の教育思想について」(1968年3月)
  415. 槙本敦史「失われた声 : 『舞姫』の基層」(1995年3月)
  416. 増山初子「鴎外『山椒大夫』の世界」(2010年8月)
  417. 松井利彦「森鴎外『雁』のモデル ─ 石原と嘉納治五郎 」(1985年7月)
  418. 松井利彦「将校相当官鴎外と脚気病研究:将校団条例への反抗」(1986年7月)
  419. ページ順が逆になっている。つまり一番後ろから、前にさかのぼる形で読まねばならない。
  420. 松井利彦「森鴎外の士道 ─ 『興津弥五右衛門の遺書』」 (1987年7月)
  421. 松井利彦「森鴎外と〈軍人勅諭〉 ─ 智と徳行の必要」(1998年7月)
  422. 松尾展成「ザクセンの森鴎外」(1998年3月)
  423. 松尾展成「ザクセンの森鴎外補遺」(1998年9月)
  424. 松木博「明治20年代小説の時間と空間(近代表現の輪郭-2-)」(1987年1月)
  425. 松木博「森鴎外『緑葉歎』論 ─ 緑葉の歎き 」(1989年3月)
  426. 松木博「雑誌『少年園』と森鴎外」 (1991年3月)
  427. 松隈義勇「 『高瀬舟』の主題と鷗外の精神状況 」(2012年1月)
  428. 松田直行「〈訳詞〉とは何を訳すのか:近藤朔風と森鷗外によるオペラ『オルフェウス』訳詞の比較研究のための序章」(2013年12月)
  429. 松田誠「森鷗外からみた高木兼寛」(資料)2002年5月
  430. 松田誠「高木兼寛, 北里柴三郎らの医師会設立までの苦闘−日本医師会前史− (資料)」(2003年1月)
  431. 松田誠「高木兼寛と森林太郎(鷗外)の医学研究の パラダイムについて」(2003年11月)
  432. 松藤麻己「訳家・鴎外の光彩:「罪人」および「毫光」のモチーフをめぐっての一考察」(1997年3月)
  433. 松本伊瑳子「森鴎外『阿部一族』を読み直す ─ 日本の男の主体とは (古典を読み直す) (2005年3月)
  434. 三浦和尚「高校三年『舞姫』の学習」(1980年11月)
  435. みなもと ごろう「演劇神髄への試み ─ 鴎外の初期演劇論」(1976年3月)
  436. 宮永孝「翻訳の誤謬:花袋、敏、鷗外のばあい」(2012年)月)
  437. 宮永孝「鷗外と〈事件ノ独逸婦人〉」(2013年3月)
  438. 村岡正明「飛行機の文学:鴎外・漱石・啄木・芥川・志賀」(1995年)
  439. 村上祐紀「〈立證〉と〈創造力〉:森鴎外『椙原品』論 」(2007年2月)
  440. 村松定孝「泉鏡花と Balzac ─ 鴎外が《L'Interdection》と『化銀杏』を比較した事に関する一考察」(1984年2月)
  441. 村山紀明「〈研究ノート〉弱さあるいは明晰さの悲劇 : 『アドルフ』と『舞姫』」(2002年12月)
  442. 目野由希「頼まれ仕事・史伝 ─ 明治31年から始まる鴎外史伝 ─ 」(1998年3月)

  443. 谷沢永一「鴎外樗牛対立期」(1979年10月)
  444. 安川民男「況斎と鴎外(1) 石黒忠悳の人物像」(1998年4月)
  445. 以下安川氏論稿は、縦書きブラウザーの《Azur》向き。
  446. 安川民男「況斎と鴎外(2) 蘭学の修得」(1998年7月)
  447. 安川民男「況斎と鴎外(3) 鴎外の生活世界」(1998年10月)
  448. 安川民男「最後の士大夫・鴎外」(8)(2001年10月)
  449. 安川民男「鴎外と魯迅の諦観」(2004年2月)
  450. 安川民男「武士道とニーチェ」(2004年7月)
  451. 安川民男「『かのやうに』を巡って」(2006年2月)
  452. 安川民男「『大塩平八郎』と『津下四郎左衛門』」(2006年7月)
  453. 安川民男「鴎外最後の遺言状」(2007年7月)
  454. 安川民男「横井小楠と森鴎外における東洋の再構築」(2008年2月)
  455. 安川民男「横井小楠と森鴎外における西洋の克服と東洋の再構築」(2009年2月)
  456. 安川民男「医学者森鴎外の科学思想と脚気問題」(2009年2月)
  457. 柳澤浩哉「『高瀬舟』の真相 ─ 小説史上,最も読者を欺いた殺人犯」 (2010年3月)
  458. 山口徹「文芸誌『スバル』における〈椋鳥通信〉 ─ 1909年のスピード」(2005年2月)
  459. 山口徹 「石川淳『森鴎外』論 ─ 批評と実践」(2006年2月)
  460. 山崎一穎「鴎外・『津下四郎左衛門』論考」(1971年3月)
  461. 山崎一穎「鴎外・『灰燼』試論 」(1972年3月)
  462. 山崎一穎「鴎外・史伝小説論序説」(1973年3月)
  463. 山崎一穎「鴎外・『意地』論考」(1974年3月)
  464. 山崎一穎「鴎外・『堺事件』試論 」(1975年3月)
  465. 山崎一穎「鴎外史伝・『壽阿彌の手紙』の構造 」(1976年3月)
  466. 山崎一穎「鷗外『澀江抽齋』ノート:蕩児、優善について(1976年3月)
  467. 山崎一穎「鷗外・史伝『都甲太兵衛』論」(1977年3月)
  468. 山崎一穎「『山椒大夫』試論:情念の不毛を拓く」(1978年3月)
  469. 山崎一穎「『佐橋甚五郎』攷」(1984年3月)
  470. 山崎一穎「 『最後の一句』論攷」(1990年3月)
  471. 山崎一穎「『興津彌五右衛門の遺書』(初稿)覚書 」(1991年3月)
  472. 山崎一穎「鷗外〈祖先系譜〉考 」(1993年3月)
  473. 山崎一穎「帝室博物館総長兼図書頭時代の森林太郎・歐外 」(1994年3月)
  474. 山崎一穎「信濃教育界に於ける森鴎外 ─ 〈川井訓導事件〉の波紋」(1995年3月)
  475. 山崎一穎「鷗外:その終焉をめぐる考察」(1997年3月)
  476. 山崎一穎・広石修「第三次岩波版『鴎外全集』〈第二刷〉 収載の書簡錯簡考」(2000年3月)
  477. 山崎一穎「鷗外、〈小倉左遷〉説は消えたか」(2001年3月)
  478. 山崎一穎「『伊澤蘭軒』の本文生成過程考 ─ 東京大学総合図書館 天理大学天理図書館 所蔵資料からの復元の試み」 (2002年3月)
  479. 山崎正純「丸山真男と森鷗外 ─ 明治30年代の〈政治〉思想」(2005年3月)
  480. 山中桂一「鴎外の言語実験とそのゆくえ」(2010年3月)
  481. 山根宏「森鴎外の『普請中』をめぐって ─ その成立の背景」(2011年3月)
  482. 山本美智子「森鴎外『魚玄機』の史料とテーマについて」 (1973年11月)
  483. 横田和憲「認識の衝撃:花子とロダンと鴎外」(2009年)
  484. 横田貢「〈情報〉という語の成立をめぐって:鴎外初訳かとする見方への疑問 」(1988年)
  485. 吉田彩子「森鴎外のカルデロン翻訳(一八八九年)をめぐって 」(2003年12月)
  486. 吉中 俊貴「鷗外文庫のシュニッツラー」(2014年3月)
  487. 吉野俊彦「森鴎外とエコノミスト」(1986年5月)
  488. 米山誠「〈現代国語〉における明治文学作品の取り扱い方について : 「舞姫」および「浮雲」の指導を中心として」(1969年3月)

  489. 欒殿武「創意と不足 ─ 陳生保著『森鴎外の漢詩』を読む」〔書評論文〕(1999年2月)
  490. 李雪「〈役所〉と〈文壇〉の狭間で:魯迅と森鷗外〈あそび〉をめぐって(2010年2月)
  491. 劉金拳「近代文学の始まりに与えた明治初期〈立身出世〉主義の影響について ─ 森鴎外『舞姫』を例に」(2012年10月)
  492. 林淑丹「森鴎外『雁』と『虞初新志』の〈大鉄椎伝〉」(2000年2月)
  493. 廖育卿「明治期の〈黄禍論〉言説に見た森鴎外:講演『人種哲学梗概』と『黄禍論梗概』を中心に 」(2009年3月)
  494. 渡辺忠憲「近代文学の青春期 : 『浮雲』から『舞姫』へ」(1963年5月)
  495. 渡辺春美「『舞姫』指導の試み : 生徒の積極的参加を促すために」(1991年3月)



5. 森鴎外記念館・旧跡など



 このリンク集の制作は二村一夫が担当しています。リンク切れについてのご指摘、リンク先の選択等に関するご意見・ご要望などございましたらnk@oisr.orgにご連絡ください。

先頭へ▲

トップページへ